無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月31日 (水)

私たちの祖先は、自然に挑戦し人々を守り、更に芸術性まで高めていた。コンクリートから人へ!

土木遺産!私たちの祖先は、自然に挑戦し人々を守り、更に芸術性まで高めていた。「コンクリートから人へ!から人の命を守る土木を抜くべき」

Photo

2012年10月24日 (水)

これもコンクリートから人への弊害! 改善されない危険な通学路!

Photo

2012年10月14日 (日)

指定管理者制度は、小泉政権下でのもう一つの弊害! 浜松市でも!

小泉政権下でのもう一つの弊害「指定管理者制度」
 「コンクリートから人へ」「二番では、何故悪いのか」と言った愚か者に振り回され翻弄されてきた一般市民!もう一つの弊害!
激烈な競争で横浜市技能文化会館での職を失った男性が自らの命を絶った事は、記憶に新しい。また、平成18年7月に小学生がプール給水口に吸い込まれて死亡した埼玉県ふじみ野市の事故や静岡県浜松市北区の浜名湖で、「県立三ケ日青年の家」の野外活動に参加していた中学生らのボートが転覆し、女子生徒1人が...Photo


死亡した事故は、マスコミに取りざたされた事故である。しかし、これ以外に小さな事故が起きておる。床が滑って転倒骨折や厳しい予算で委託されているため施設のメンテが行き届かなかったり退館を急がせ扉に挟まれ怪我をする事故である。また、ダンス利用者がワックスを床に塗ったため次の使用者が知らずに次々と転倒し打撲や骨折をしたこともある。
全く変わったのは、地域に密接しなくなったことである。地元のスポーツ少年団や、サークルは、営利を目的とした団体(表向きは、非営利)や不可思議な団体に活動の場を奪われる事態が出ている。指定管理がされていない公共施設とは、全く異なる。利用者収益や数を上げれば、良いと言う姿勢が明確にでている。
 営利団体を見落とす理由は、地元密接でない指定管理者だからである。公平にするため「抽選」という馬鹿もいる。
 更に、指定管理者制度をビジネス市場と考えNPO等を設立し参入してきている大企業もある。そう考えると全く馬鹿馬鹿しい限りである。アメリカの二の舞は、近いようだ!!
 最後に「指定管理者」は、地元の本当のボランティア団体にすべきで! 大きな企業でないと安心できないと言う役人は、怪しい役人としか思えない!

2012年10月 1日 (月)

Widodo Suri(Fira)君が台風17号の日に自転車で出かけ行方不明です。事故に遭っていなければ良いのですが!

Fira2012828

« 2012年8月 | トップページ | 2012年11月 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31